繰り上げ返済は計画的にやろう

繰り上げ返済とは何か

住宅ローンを組むときには繰り上げ返済について知っておくことが重要です。一定期間をかけて返済を続けていくのが住宅ローンの基本ですが、資金的に余裕ができたときにまとめてある程度を返済してしまうことができます。それが繰り上げ返済であり、大まかには二種類の方法から選ぶことが可能です。一つは期間短縮型と呼ばれるものであり、ある程度の返済をまとめて行うことで返済期間を短くすることができます。もう一つは返済額軽減型と呼ばれているものです。これは返済期間については変わらないけれど毎月の返済額が少なくなるのが特徴です。どちらを選んだ場合にも総返済額は軽減されることになりますが、どちらを使うかはよく考えなければなりません。

計画的に行ってメリットを生み出す

同じ金額の繰り上げ返済を行った場合でも効果には違いがあります。トータルで返済額を減らせるのは期間短縮型ですが、毎月の負担額は変わらないので生活が厳しい状況であれば返済額軽減型を選んだ方が良いと言えるでしょう。また、同じ金額の繰り上げ返済をしてもいつ行うかによって負担の軽減のされ方が異なります。繰り上げ返済を行うタイミングが遅いほど、返済額軽減型の場合には毎月の返済額は小さくなり、期間短縮型の場合には残りの返済期間を短くしやすくなるのは確かです。トータルで払う金額を減らしたいと考えたら早めに繰り上げ返済をするのが良い方法になります。一度に現金が減ってしまうことも考慮して計画的に適切なタイミングで行うことが大切です。