頭金はいる?いらない?資金から考えるローンの組み方

頭金を用意するメリット

住宅ローンを組む時に、多くの人が悩むのが頭金をいくらにするかということです。理想となる頭金は、物件価格の2割にあたる金額です。ただ、物件の価格は様々なため、実際に用意する金額は100万円から1,000万円以上など人によって異なります。そして、最近では頭金なしでも購入可能な物件もあるため、頭金を用意せずに物件を購入する人も増えてきています。
ただ、頭金というのは多ければ多いほど、メリットがあるものです。支払う頭金が多くなれば、月々の返済額を少なくすることができます。もしくは、完済までの期間を短くするという選択も可能です。そして、借入金額が少なくなれば、最終的に支払う利息も少なくて済むことになります。そのため、住宅を購入したいと考えたら、ある程度の頭金を用意しておくことがおすすめです。

頭金と残しておきたい貯金

住宅ローンを組む時に、考えておきたいのが手元にいくら残すかということです。少しでも返済を楽にするために、貯金を全額頭金に使いたいという人もいますが、半年から1年程度は収入が途絶えても生活をすることができる貯金を残しておく必要があります。ローンを組んだ時点では安定した収入がある人でも、急に途絶える可能性がないとは言い切れません。返済ができなくなると住宅を手放す必要が出てくるので、貯金はすべて頭金に使わず、当面の生活費を残しておくことが大切です。
頭金の金額で迷ったら、まずは手元にいくら残せば良いかを計算し、その残りから最適な金額を決めていくと良いでしょう。殆ど残らない場合は、無理に支払わないという選択も可能です。