これからは固定金利?変動金利?

金利の違いを知ろう!

住宅ローンには固定金利と変動金利の二種類の商品があります。固定金利は金利が最初に定められて返済が終わるまで一定になっているものであるのに対し、変動金利は一定期間ごとに金利が見直しされて変動していくものであるのが特徴です。これから金利が低下していくという場合には変動金利の方が有利になりますが、金利が上がっていくと予想される場合には固定金利が有利になります。固定金利は金融機関側がリスクを負うことになるので初期に定められる金利は高めに設定されているため、金利が全く変化しなかった場合にも変動金利の方が返済額は少なくなるのが基本です。このどちらが良いかを選ぶには今後の金利の変動について予想することが必要になります。

状況によって選ぶ固定金利と変動金利

現代のゼロ金利の状況を考えると金利は下がる方向にはあまり動かないと考えて固定金利を選ぶのが賢明とも考えられますが、金利がゼロ金利のままであれば変動金利を選んだ方が良いということになります。景気が上向きになっているというニュースになりながらもあまり経済状況は改善していっていない状況が続いているのが事実です。短いローンを組むのであれば変動金利の方が有利になる可能性が高いでしょう。しかし、長いローンを組む場合には予想をするのが難しい状況です。急に金利が上がってしまうのを恐れて固定金利にしておくか、ある程度は資金に余裕があるからトータルの返済額を減らせると信じて変動金利を選ぶかを選択する必要があります。