どうする住宅ローン?まずは銀行選びから

住宅ローンの内容は銀行ごとに違う

住宅ローンを借りようと考えたら重要になるのがどの銀行に相談するかです。住宅ローンは一つしかないわけではなく、銀行ごとに独自の商品を提供しています。借り入れすることができる上限の期間も異なり、金利についても独自のものを設定しているのが一般的です。審査を受けてみると借り入れ可能な上限額や期間についても銀行ごとに違うことがわかります。また、金利引き下げによる販促などを行うなど、個々の銀行が異なる方法で顧客を獲得しようと努力しているのが現状です。これに加えて銀行によって担当者が異なるため、これからローンの手続きをする上で付き合いやすい人に出会えると住宅ローンを組みやすくなります。このような点から銀行選びが重要になるのです。

比較して選ぶのが最も大切

どの銀行を選ぶのが良いかで悩んだら、まずは一つずつ相談に行ってみるのが大切です。一つの銀行で相談してみただけでは違いがわからないので、借りたい金額や期間などの情報を同じように準備して三つ前後の銀行に行って住宅ローンを借りたいと考えていると相談してみましょう。住宅ローンの仮審査を受けて断ってしまっても問題はないので、どの程度の上限額になっていて、担当者の提案するプランはどのようなものかを比較してみるのが大切です。銀行によって得意不得意があることから提案してくれるプランには違いが生じます。それを比較してみると良し悪しが見えてきてどのような商品を選ぶべきかがわかるのです。その間に担当者との付き合いやすさもわかるので契約する銀行を決められます。